第52回日本港湾経済学会全国(伏木富山港大会)報告

8月28、29、30日と開催された第52回日本港湾経済学会全国(伏木富山港大会)が盛況の下に無事に終わりました。 
共 通論題である「日本海側拠点港湾と北東アジア」 について、17年ぶりの日本海側港湾の伏木富山港大会にふさわしい議論が交わされ、高岡駅や富山空港に は、富山コンベンションビューローの歓迎看板が掲げられ、視察では地元の観光ボランティアの皆さんの熱のこもった説明も受けることができました。 
また、8月29日の視察と8月30日のシンポジウムの模様は、地元の北日本新聞で記事として報道されました。 
総会では、来年の全国大会が、9月3、4、5日に開催校を愛知大学として三河港で開催されることが決まりました。