第55回全国大会盛会御礼

2016年9月7日エクスカーション・理事会

石狩湾新港見学、北海道電力石狩湾新港発電所建設現場で研修、北海学園大学豊平キャンパスでの理事会が行われました。港湾・企業支援課様、北海道電力様には、ご厚情を賜り誠にありがとうございました。記して謝意を表します。

image image image image img_5036 image image image

2016年9月8日には、

共通論題「地域経営と港湾」の研究報告とシンポジウム、会員総会と

北海学園大学の浅妻先生のゼミの皆さんによるご尽力により、盛会のうちに開催されました。

懇親会には、北海学園大学学長 木村和範先生、石狩市長 田岡克介様、基調講演・シンポジウムに引き続き国土交通省北海道開発局港湾空港部 港湾計画課長 中島 靖様のご臨席を賜り、懇親会も盛大に開催されました。

image img_5092 img_5229 image image image image image img_5267 img_52701

2016年9月9日には、個別論題の報告が3つの分科会場で、各4件行われました。

img_5294 01 02 03

尚、来年度の第56回大会は、東京にて開催の予定です。詳細は後日お知らせ致します。

【終了】平成28年度港湾関係助成研究のお知らせ【終了】

公益社団法人日本港湾協会様(https://www.phaj.or.jp/)より、

下記助成のお知らせがありました。
詳細は、協会ホームページをご覧ください。
https://www.phaj.or.jp/event/jyosei_2016.html

1.助成の対象となる研究分野
港湾経営、港湾財政、港湾管理、港湾計画、港湾物流、港湾運送、港湾都市計画、公物管理、保安対策、港湾防災、港湾環境・景観等港湾に関する社会科学による研究であって、本事業の趣旨に合致すると認められるもの。
観光・文化施策と連携した研究についても助成を行っておりますので、この方面の分野の応募も歓迎します。
2.助成対象者
港湾に関する専門的知識を有すると認められる大学教員その他の有識者及びこれらの有識者からなる団体。
3.研究期間‘助成額及び成果発褒
研究期間は決定通知受領後翌年度一杯とし、助成額は1件につき100万円以内とします。
助成研究者は、研究終了後1ヶ月以内に事務局が実施する「研究成果報告会」において、研究成果を発表していただきます。
4.事集方法
港湾関係研究奨励助成金交付申請書来に必要事項を記入し、必要資料を添付のうえ、下記事務局へ提出
(平成28年9月1日~30日必着)。
※日本港湾協会ホームページhttps://www.phaj.or.jp/より入手可能。
5.審査及び通知
受理した申請書は、港湾関係研究奨励助成審査委員会に諮り、平成28年中に助成研究を決定。決定後は事務局より助成研究申請者に対して通知。
6.問い合わせ先
公益社団法人目本港湾協会研究奨励助成事業事務局
〒107-0052東京都港区赤坂3・3-5住友生命山王ビルSF
TEL:03-5549-9575 FAX:03-5549-9576 E-mail:post@phaj.or.jp

下記 ↓ 画像をクリックすると、PDFファイルがダウンロードできます。

kouwan