post

WELCOME!! THE PORT ECONOMICS ASSOCATION

日本港湾経済学会のWEBサイトにようこそ!!!

日本港湾経済学会は、港湾及び空港等に関する総合的な学術・学際研究を行うことを目的に、1962年 (昭和37年) に設立されました。

これまで50有余年、海と空のPORT ECONOMICSに係る研究を続けております。

post

第57回全国大会について


大会挨拶

 日本港湾経済学会第57回全国大会開催にあたって

大会実行委員長 林 上(中部大学)

 第57回日本港湾経済学会全国大会は、9月5日(水)~7日(金)の3日間、名古屋港と愛知大学名古屋キャンパスを会場に開催されます。開催校は大会実行委員長の所属する中部大学ですが、交通利便性を考慮しJR名古屋駅に近い愛知大学の施設をお借りして実施致します。

大会初日の9月5日(水)は、名古屋港ポートビルにお集まり頂き、港務艇 「ぽーとおぶなごや2 」に乗船して名古屋港を見学し、下船後、名古屋海洋博物館をご参観いただきます。発展目覚ましい名古屋港の現況とその歴史をご理解いただければ幸いです。

2日目の9月6日(木)は、共通論題「人口減少時代の港湾における生産性向上」のもと、名古屋港管理組合専任副管理者の服部明彦氏による基調講演ならびに学会員による共通論題報告とシンポジウムが予定されています。港湾の自動化や生産性向上などに関して活発な議論が展開されることを期待致します。

最終日9月7日(金)は、3つの会場において多様なテーマのもとでの研究報告が予定されています。共通論題のシンポジウム同様、大いに議論を深めていただきたいと思います。

なお、この度の全国大会実施にあたりましては、名古屋港管理組合ならびに愛知大学から多大なご協力を賜りましたことを,学会員の皆様方にご報告申し上げます。

 

日本港湾経済学会第57回全国大会を祈念して

日本港湾経済学会会長 石田信博(同志社大学)

 日本港湾経済学会第57回全国大会が、中部大学を主催校として名古屋港で開催されることになりました。大会開催にあたり、愛知大学より会場をご提供いただき、また名古屋港管理組合からも多大なるご協力をいただいております。

名古屋港で全国大会が開催されるのは、1965年の第4回大会をはじめ、第12回大会(1973年)、第23回大会(1984年)、第36回大会(1997年)、第46回大会(2007年)に次いで6度目です。それぞれの共通論題は、「地域開発と港湾」「港湾の近代化と地域経済・社会」「国際経済と港の動向」「港湾の国際化と経営」「ロジスティクスと港湾経営」となっており、港湾を取り巻く社会経済事情と時代背景の移り変わりが論題に反映されていることに興味が引かれます。

今大会の共通論題は「人口減少時代の港湾における生産性向上」です。飛島コンテナ埠頭に代表されるコンテナターミナル自動化を先進的に展開している名古屋港において、今後の港湾生産性に関する学術的議論が一層深められることを期待しております。

本大会を実行するにあたってご協力を賜りました数多くの関係機関のみなさま方には心より感謝申し上げます。


大会総プログラム

月  日 時  間 内  容 会  場
9月5日(水) 13:30~ エクスカーション(名古屋港) 海上視察及び名古屋海洋博物館
17:30~ 理事役員会 名古屋港湾会館3階 第6会議室
9月6日(木) 09:00~ 受付開始 愛知大学講義棟7階
09:30~

09:40

会長挨拶  石田信博

実行委員長挨拶  林 上

愛知大学講義棟7階706教室
09:40~

10:35

基調講演

名古屋港管理組合

専任副管理者 服部明彦

同 上
10:40 自由論題1 同 上 706、701教室
12:20 昼食・休憩(各自) 各自(大学周辺)
編集委員会 同 上 701教室
13:20~ 共通論題「人口減少時代の港湾における生産性向上」 同 上 706教室
15:30~

16:30

パネルディスカッション 同 上
16:40~

17:40

会員総会 同 上
18:00~ 懇親会 (17:45開場) 同 上 厚生棟1階 アペティ
9月7日(金) 08:45~ 受付開始 同 上 講義棟7階
09:00~

12:30

自由論題2 同 上 講義棟7階

701~703教室

 

【第1日目  95日(水)】 

エクスカーション 名古屋港視察・名古屋海洋博物館見学

集合場所    13:30~(受付)名古屋港ガーデン埠頭 名古屋港ポートビル1階ロビー

14:00~(視察)港務艇 「ぽーとおぶなごや2」 事前申込 先着50名

16:00~(見学)名古屋海洋博物館 名古屋港ポートビル3、4階

荒天の場合、出航できません。14:00~名古屋海洋博物館見学のみ行います。

*費用の個人負担はありません。

〒455-0033 名古屋市港区港町1番9号

 ←クリックすると大きな画像がでます。


【第2日目  96日(木)】

基調講演・自由論題・共通論題・パネルディスカッション

   【受付開始】(愛知大学 講義棟7階)                                                             09:00

【会    場】7階 706教室

(1)挨     会長 石田信博 / 実行委員長  林 上                                  09:30~09:40

(2)基調講演 「名古屋港の特徴と実力(仮題)」                         09:40~10:35

名古屋港管理組合  専任副管理者 服部明彦

(3)自由論題①       報告40分 質疑応答10分

分科会場①706教室 吉岡理事 分科会場②701教室 古井理事
10:40 横浜開港場における情報競争と人材

<原田順子>

京浜港運営計画の歴史と将来性

<梶 雄司>

11:30 韓国における港湾政策について

<李 貞和>

コンテナ船の大型化と港湾

<鈴木 暁>

<休憩・昼食>  (編集委員会 7階 701教室)                                             12:20~13:20

(4)共通論題・パネルディスカッション                                                      

『人口減少時代の港湾における生産性向上』                                        13:20~17:30  

【会  場】愛知大学 講義棟7階 706教室   各報告40分

【座 長】石田信博(同志社大学)

1.「日本の港湾における自動化のあり方と課題」津守貴之(岡山大学)     13:20~

2.「港湾荷役会社の生産性向上の取組みと課題―横浜港湾企業の一事例から」

恩田登志夫(横浜商科大学)  14:00~

<休憩>                                                                                                   14:40~

3.「混雑解消によるコンテナ輸送の生産性の向上」

元野一生氏(国土交通省 中部地方整備局 副局長)         14:50~

4.パネルディスカッション                                                                             15:30~

(5)総  【7階706教室】  ご挨拶:愛知大学 名和聖高理事                 16:40~17:00

(6)懇 【厚生棟1階 キャンパスレストラン「アペティ」】             18:00~20:00

 

基調講演・共通論題・パネルディスカッション・総会・自由論題

〒453-8777 名古屋市中村区平池町4-60-6

 ←クリックすると大きな画像がでます。

 

 ← 愛知大学のアクセスサイトにリンクしています。


【第日目  97日(木)】

自由論題② 【受付開始】08:45(愛知大学 講義棟7階)   報告40分 質疑応答10分

分科会場③701松尾副会長 分科会場④702恩田副会長 分科会場⑤703男澤理事
9:00

-9:50

港における観光振興について

 

<三ツ木丈浩>

日産苅田工場のグローバル部品供給体制

―九州の物流の視点から

<福山秀夫>

離島の観光地におけるローカル空港機能の特徴に関する一考察 ―米国ホノルル州を事例に

<町田一兵>

9:50

-10:40

横浜税関長 水上裕躬

 

<権田益美>

北極海の港湾の付属鉄道について

 

<合田浩之>

日本産農水産物輸出と香港の日本食市場の考察

 

<大橋幸多>

休憩 10分
10:50

-11:40

東京港の混雑緩和に対する一考察

 

<石原伸志>

国際海運におけるパナマ運河の地位

 

<汪 正仁>

近代日本経済と飾磨(姫路)港

 

<加藤壽宏>

11:40

-12:30

名古屋港金城埠頭の建設発展過程と利用変化

 

<林 上>

 

post

海外の居住者の方へ

We were unable to contact with overseas residents for the past ten years. Some of the addresses might have been changed. If you need a national convention guide, please contact with the secretariat from the inquiry page.

지난 10여 년 동안 해외 거주자에게 연락을 보낼 수 없습니다. 주소 불명 돌아올 수 많았 기 때문입니다.
전국 대회의 안내가 필요하신 분은 문의 페이지에서 사무국에 연락해주십시오.

过去十年,我们无法与海外居民联系。 某些地址可能已更改。 如果您需要全国会议指南,请通过咨询页面与秘书处联系。

過去10年程の間、海外在住の方へ学会からの連絡を郵送しておりません。宛先不明で戻って来ることが多かった為です。
全国大会のお知らせなどが必要な方は、お問い合わせページから、事務局へご連絡下さい。

 

 

post

第15回(平成30年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦について

日本学術振興会より、第15回(平成30年度)日本学術振興会賞受賞候補者の推薦依頼がありました。

ご希望の方は、学会事務局にご連絡下さい。


日本学術振興会では、研究者養成事業の一環として、「日本学術振興会賞」を制定し、優れた若手研究者を顕彰しています。この賞は、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援することにより、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させることを目的としています。

本賞では、海外在住の日本国籍を有する研究者も対象としております。また、優れた研究実績を有する我が国の学術研究者からの個人推薦も受け付けておりますので、貴機関・貴会所属の研究者にも広く周知いただけますよう併せてよろしくお願いいたします。

  1. 対象分野

人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野

  1. 対象者

国内外の学術誌等に公表された論文、著書、その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち、平成30年4月1日現在以下の1)から3)の条件を満たす者とします。

また、これまでにご推薦いただいた候補者のうちの女性割合は極めて低いというのが現状です。女性候補者の積極的な推薦をよろしくお願いいたします。

1)次のa)またはb)を満たすこと。

a)日本国籍を有する者

b)外国人であって推薦時点において我が国で5年以上研究者として大学等研究機関に所属

しており、今後も継続して我が国で研究活動を予定している者

2) 4 5歳未満であること

3)博士の学位を取得していること(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む)

注:海外在住の日本国籍を有する研究者も、対象としています。

  1. 授賞等

本会が設置する審査会において25件程度選考します。

  1. 受付期間

平成30年4月6日(金)~ 11日(水) (期間中必着)

詳細は、下記URLをご参照賜り、学会事務局へご連絡下さい。

https://www.jsps.go.jp/jsps-prize/index.html

post

『海事交通研究』「2018年山縣勝見賞」等、募集のお知らせ

山縣記念財団では、下記の通り、三事業の募集を行っております。

①『海事交通研究』第67集寄稿論文228日締切)

2018年山縣勝見賞331日締切)

2018年度補助金助成申込228日締切)

募集要領⇒ http://www.ymf.or.jp/news/1457/

 

特に①『海事交通研究』第67集寄稿論文につきましては、2017年度より、論文に関しては、「査読」を導入致しました。また、

2018年度より、「執筆申請書」の募集期限が、1か月前倒しで228日締切となり、のこり1週間を切りました(原稿提出期限は、720日です)。

今年の「指定テーマ」の一つは、「海運・造船・港湾と地方創生」で、近年、クルーズ客船の誘致を巡って地方港湾の誘致合戦も盛んであり、寄港先の観光経済の活性化に大いに役立っている現状があります。勿論、自由テーマでも結構です。 

ご執筆希望の先生方は、至急「執筆申請書」をお送り下さい。何卒ご執筆のご検討をお願いします。

【以上三事業の申請書等の問合わせ先】
一般財団法人 山縣記念財団
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-10-3 正和ビル5F
TEL:03-3552-6310, FAX:03-3552-6311
E-mail: zaidan@yamagata.email.ne.jp