第55回全国大会盛会御礼

2016年9月7日エクスカーション・理事会

石狩湾新港見学、北海道電力石狩湾新港発電所建設現場で研修、北海学園大学豊平キャンパスでの理事会が行われました。港湾・企業支援課様、北海道電力様には、ご厚情を賜り誠にありがとうございました。記して謝意を表します。

image image image image img_5036 image image image

2016年9月8日には、

共通論題「地域経営と港湾」の研究報告とシンポジウム、会員総会と

北海学園大学の浅妻先生のゼミの皆さんによるご尽力により、盛会のうちに開催されました。

懇親会には、北海学園大学学長 木村和範先生、石狩市長 田岡克介様、基調講演・シンポジウムに引き続き国土交通省北海道開発局港湾空港部 港湾計画課長 中島 靖様のご臨席を賜り、懇親会も盛大に開催されました。

image img_5092 img_5229 image image image image image img_5267 img_52701

2016年9月9日には、個別論題の報告が3つの分科会場で、各4件行われました。

img_5294 01 02 03

尚、来年度の第56回大会は、東京にて開催の予定です。詳細は後日お知らせ致します。

第55回全国大会

「地域経営と港湾」

於:石狩湾新港・北海学園大学

大会挨拶

共同実行委員長 浅妻 裕(北海学園大学)
神代順平(㈱クマシロシステム設計)

 日本港湾経済学会第55回全国大会が、9月7日から9日までの3日間にわたり石狩湾新港及び北海学園大学豊平キャンパスで開催され、多くの会員の皆様が遠路にもかかわらず北海道にお越しくださることを大変うれしく思っております。皆様には有意義な時間をお過ごし頂けるよう開催校、実行委員会として最善を尽くしたいと思います。
さて、今大会のスケジュールですが、初日のエクスカーションは、近年、道央圏のエネルギー拠点として、また日本海対岸貿易の拠点として、発展目覚ましい石狩湾新港とその背後地域の開発の現状を視察して頂くことにしました。また、2日目は共通論題「地域経営と港湾」のもと、国土交通省北海道開発局港湾空港部港湾計画課長の中島靖氏による基調講演並びに会員による共通論題の報告とシンポジウムを予定しており、地域経営における港湾の役割に関する活発な議論が展開されるものと期待しております。また、最終日には例年どおり研究報告(自由論題)が行われ、それぞれ活発な議論が展開されるものと思います。
なお、この度の全国大会は、北海道では14年ぶりの開催で、不慣れな開催準備となりましたが、前回大会の松尾実行委員長や学会役員の皆様のご指導の下、また多くの地元関係団体にご協力頂き、とりわけ石狩市からは多大なるご支援を賜り開催できますことに厚く御礼申し上げますと共に、会員の皆様にその旨ご報告申し上げる次第です。

会長挨拶

日本港湾経済学会会長 吉岡秀輝(高崎商科大学)

 日本港湾経済学会第55回全国大会が、北海学園大学を主催校として開催されます。学会年報巻末の「全国大会のあゆみ」をひもときますと、第7回大会(1968年)を皮切りに、過去5回、北海道で開催されています。私自身、北海道勤務の経験もあり、6度目の開催を心より喜んでいる一人であります。
さて、今年度は、「地域経営と港湾」が共通論題のテーマに掲げられています。その意図するところは、とかく主要港に目が集まりがちななかで、地方港の存在意義は何かを改めて問う点にあります。現政権の下でも「地方創生」の重要性が力説され、様々な施策が講じられているようですが、新聞やTVで地方の過疎化を報じるレポートは後を絶ちません。また、地方経済であっても、豊かな地域経済と疲弊地域の格差が鮮明になっている感があります。そのような現状を踏まえたうえで、今年度の共通論題が設定されております。地域と港湾のあり方という、この古くて新しい問題について、港湾物流の側面にとどまらず、広く社会全般にわたる、しかし焦点の鮮明な論議が活発に展開されることを期待しています。
最後になりましたが、昨年度より、全国大会開催のためにご準備いただいた北海学園大学の浅妻裕先生、北海道部会長の神代順平先生をはじめ、関係の方々に心より御礼申し上げます。

main

【第1日目9月7日(水)】

(1)エクスカーション(石狩湾新港及び同発電所建設地の視察・見学)
【集合場所】JR札幌駅北口「団体バスのりば」
★受付時間12:45~13:00
★バスによる石狩湾新港視察及び石狩湾新港発電所建設地の見学13:00~17:00
*※視察終了後、JR札幌駅北口で解散

(2)理事役員会
18:00~20:00 【会場】北海学園大学豊平キャンパス 7号館 6階 行動科学実験室
※理事役員出席者で、港湾視察参加者は視察バスで同大豊平キャンパスまで移動

【第2日目9月8日(木)】

基調講演・共通論題・シンポジウム・総会
【受  付】09:30~ (北海学園大学豊平キャンパス 7号館 1階ロビー)
【会  場】同キャンパス 7号館 3階 D30 教室
(1)挨  拶会長 吉岡秀輝/実行委員長 浅妻 裕10:00~10:10

(2)基調講演「地域経営を支える北海道港湾の可能性」10:10~11:10
国土交通省北海道開発局港湾空港部 港湾計画課長 中島 靖 様

(3)共通論題・シンポジウム「地域経営と港湾」11:15~15:30
【司 会】古井 恒(流通経済大学)

1.河野 公洋(岐阜聖徳学園大学)
港湾経営における人的資源管理の将来

休憩・昼食  編集委員会【7号館1階 D103 教室】11:55~13:30

2.菊地 達夫(北翔大学)
石狩湾新港地域における企業立地の展開と特徴13:30~14:10

3.石田 信博(同志社大学)
インドネシアの港湾整備と地域へのインパクト14:10~14:50

4.質疑応答14:50~15:30

(4)総 会 【北海学園大学豊平キャンパス 7号館3階 D30 教室】15:40~17:40

(5)懇親会【ジャスマックプラザホテル 5階「ガイア」】18:00~20:00
※総会終了後、懇親会場の同ホテルまでは、連絡バスを用意しています。

【第3日目9月9日(金)】

自由論題【受付開始】09:30~(北海学園大学豊平キャンパス 7号館 1階ロビー)
【会  場】同キャンパス 7号館4階 D40~D42 教室

第1報告 10:00~10:30
第2報告 10:30~11:00
第3報告 11:10~11:40
第4報告 11:40~12:10

会 場 第1会場(D40 教室) 分科会テーマ  港湾・海運

座長 古井 恒(流通経済大学)

1.男澤智治(九州国際大学)
青島港における港湾発展に関する一考察

2.松尾俊彦(大阪商業大学)
小型内航船の課題と港湾施設

3.合田浩之(日本郵船)
北極海航路に関する内外船社の動向と港湾

4.名和聖高(愛知大学)
南部ミャンマーの可能性

第2会場(D41教室) 分科会テーマ  港湾・産業

座長 石田信博(同志社大学)

1.森山弘將(中電技術コンサルタント)
港湾運営のあり方に関する基礎的研究

2.恩田登志夫(港湾職業能力開発短期大学校横浜
校)
川本敬一(鈴江組)
港湾運送事業法の変遷とその課題

3.鈴木 力(千住介護福祉専門学校)
港湾産業における事前協議制の特徴とその形成要因―1960-70年代における労使紛争を中心に―

4.岡本勝規(富山高等専門学校)
地域社会における荷主と住民の共生―伏木富山港周辺の中古車輸出業者を事例―

第3会場(D42 教室) 分科会テーマ  港湾・観光・環境

座長 吉岡秀輝(高崎商科大学)

1.鈴木 暁(日本大学)
食品輸入における他法令規制―TPP協定との関連で―

2.花木正孝(近畿大学)
NACCSとの連携強化による貿易金融高度化

3.三ツ木丈浩(埼玉女子短期大学)
マルセイユにおける観光戦略について

4.金仙淑(同志社大学)
港湾における環境マネジメントの現状

toyohira

詳細は、プログラムをご覧ください。PDF版はこちらをクリック

ご照会事項など、お気軽に学会HPのお問合せページからお寄せ下さい。

第55回全国大会について

2016年9月7日(水)~9日(金)の3日間にわたって北海学園大学において、

第55回全国大会を開催する予定です。今般、下記の通り、統一論題のテーマが決定致しました。

諸先生方の奮ってのご参加及び発表をお待ち申し上げております。

尚、ご参加及び発表の意思を下記よりダウンロード(word形式)頂き、お問合せページから添付で、ご送信頂けますと幸いです。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

連絡フォームはこちら!

236_600x450 map_01_new_01


 統一論題「地域経営と港湾」趣意書

人口減少社会の中での大都市への人口集中が、地方における自治体消滅をもたらし、ひいては日本全体を衰退させるといった危機感を背景に、「地方創生」が声高に叫ばれています。

もとより地域社会の存続には、人口定着のための就労の場や域外からの収入の手立てを確保することが必要なのは自明の理であり、各地域には、固有の資源を最大限活用しつつ、それらの実現方策を見出すことが求められています。

そうしたなか、広く地域の産業経済を育み、地域社会の礎を築いてきた地方の港湾を巡っても、官民連携によるものも含めて、港湾機能や空間を利活用する様々な取り組みが進められています。

主要港を巡る「国際競争力の強化」や「選択と集中」などの課題に注目が集まりがちな昨今ですが、地域経営という視点から港湾が果たしている役割に注目しつつ、改めて地方港湾の存在意義について確認することが必要と考えています。

今般の全国大会では、港湾側から見た港湾の現状と課題、外部経済効果などに注目するだけでなく、地域経営における課題、例えば地域産品の販路拡大や輸送需要への対応、企業誘致、新たな観光創出や観光客誘致、国土保全や生活安全などに対して、港湾に何が求められるのかに注目し、地方港湾の存在意義について改めて考えようとするものです。

日本港湾経済学会第55回全国大会

共同実行委員長 浅妻 裕

神代順平

日本港湾経済学会

会長 吉岡秀輝

全国大会のお知らせ《盛会御礼》

2015年8月26日 株式会社辰巳商會様のご厚情により、大阪港のエクスカーションを行いました。続けて、18時より大阪商業大学にて、全国理事会が開催されました。

2015年8月27日は、朝から統一論題、シンポジウム、会員総会と、

盛会のうちに開催されました。

imageimageimageimageimageimage

日本港湾経済学会第54回全国大会開催にあたって

大会実行委員長 松尾 俊彦(大阪商業大学)

 第54回日本港湾経済学会全国大会は、8月26日(水)~28日(金)の3日間にわたって大阪商業大学および大阪 で開催されます。参加者の皆様方に有意義な時間をお過ごし頂けるよう、開催校・実行委員会として最善を尽くす所存です。
さて、大会初日となります8月26日(水)には、大阪港を見学して頂くというエクスカーションを実施致します。大阪港は神戸港と共に阪神港として国際コンテナ戦略港湾に指定され、新たなステージに入っております。阪神港をご理解頂くために、港運会社からの説明の後、夢洲コンテナ・ターミナルを見学して頂くことと致しました。
2日目の8月27日(木)は、共通論題「阪神港・その課題と展望」のもと、阪神国際港湾株式会社・専務理事の篠原正治氏による基調講演ならびに学会員による共通論題報告とシンポジウムが予定されており、それぞれ活発な議論が展開されることを期待致します。
3日目の8月28日(金)は、自由論題が4会場に分かれて行われることになっており、それぞれ活発な議論が展開されると期待しております。
なお、この度の全国大会を実施するにあたって、多くの関係団体のご協力を賜りました。ここに紙面をお借りしてお礼を申し上げますと共に、学会員の皆様方にその旨ご報告申し上げます。

日本港湾経済学会第54回全国大会を記念して

日本港湾経済学会会長 吉岡 秀輝(高崎商科大学)

 日本港湾経済学会第54回全国大会が、大阪商業大学を主催校として阪神港で開催されることになりました。阪神港での開催は、2000年の第39回以来、15年ぶりのことであります。
阪神港は、言わずと知れた日本の大港湾であり、その「阪神港・その課題と展望」が共通論題のテーマとなっています。阪神港、とりわけ神戸港の歴史をひもときますと、沿岸海上輸送が発達した江戸時代に「兵庫の津」と呼ばれ、国内交通の要衝として重要な役割を果たしたと言われています。時代はずっと下って2004年、阪神港は京浜港および伊勢湾ともに「スーパー中枢港湾」に指定され、さらにそれが2010年、わが国の国際コンテナ港湾の競争力強化を図る「国際コンテナ戦略港湾」として京浜港とともに選定されました。そのような流れのなかでの全国大会開催であります。
実行委員長の松尾俊彦先生には、昨年、次期開催校がなかなか決まらず、無理を承知で急きょ開催をお願いしました。松尾先生をはじめ大阪商業行大学ならびに関係諸機関の皆様方には、港湾視察や会場の設営など、細部にわたるご配慮をいただきました。心より感謝申し上げる次第であります。

PDF版プログラムは、こちらをクリック!

8月26日(水) 14:00~ エクスカーション(大阪港)

辰巳商会、大阪港夢洲CT 大阪府大阪市港区築港4丁目1-1

18:00~ 理事役員会 大学4号館4階 4410教室

8月27日(木) 09:30~ 受付開始 大学4号館1階 ロビー

大阪商業大学 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10

10:00~10:10 会長挨拶  吉岡秀輝 実行委員長挨拶  松尾俊彦 4号館1階 411教室
10:10~11:10 基調講演   阪神国際港湾株式会社 専務理事 篠原正治
11:15~11:55 共通論題「阪神港・その課題と展望」
11:55~13:30 昼食・休憩(各自) 各自(大学周辺) 編集委員会 大学4号館4階 4410教室
13:30~15:30 シンポジウム「阪神港・その課題と展望」 大学4号館1階 411教室
15:40~18:00 会員総会 同上
18:00~20:00 懇親会 Uコミュニケーションホテル
8月28日(金) 09:30~ 受付開始 大学4号館1階 ロビー
10:00~12:10 自由論題 大学4号館4階 433~436教室
12:10~ 自由論題終了後  閉会の辞 大学4号館4階 各会場

下図をクリックすると大きくなります。

クリップボード02 クリップボード01

エクスカーション ↓

クリップボード03

第53回全国大会・会員総会≪盛会御礼≫

JR豊橋駅新幹線改札口前には、歓迎の看板をご用意頂くなど、エクスカーションに引き続き、豊橋観光コンベンション協会様には、大変お世話になりました。

第2日、第3日目は、名和聖高準備委員長のご尽力を賜り、盛会の内に、統一論題、自由論題の各研究報告やシンポジウムなどでは、活発な論議が行われました。

会員総会は、本年2月7日にご逝去されました北見俊郎名誉会長(享年89歳)に黙祷を捧げることからはじまりました。後日、議事録の要点は、当HP上で、ご紹介致します。

総会後、懇親会までのひと時には、三河伝統手筒花火連合会・岩田煙友会様による、「放揚」が行われました。

ご厚情賜りました、豊橋市港湾活性課様、豊橋観光コンベンション協会様、三河伝統手筒花火連合会・岩田煙友会様、

愛知大学様、名和先生のゼミ生のみなさまに記して謝意を表します。

尚、2015年第54回全国大会は、松尾俊彦先生を準備委員長に大阪商業大学にて開催をお引き受け頂く事になりました。

IMG_3825IMG_3760IMG_3777IMG_3782IMG_3778IMG_3780IMG_3785IMG_3797IMG_3795IMG_3804